世の中上手くいかないのは、全て自分のせい

人によって、よく意見は分かれるが、
貴方なら、【結果】と【過程】。どっちを重視するか?


・・結論からいうと、私は、【結果】派。
その人がやる気がなかろうと、対人関係が悪かろうと、
適したやり方(【過程】)は人それぞれであり、あくまで【結果】がゴールである。
【結果】を目指さない【過程】など何の意味があろうか?


そして、【過程】が正しければ、よほどの事がない限り【結果】は出る。出ないわけがない。
それが出ないのは、【過程】がそもそも間違っているからだ。

そして、それは人の能力は関係ない。全て工夫次第。
能力の差を持ち出す奴に限って、自分と無関係な部分で言い訳して結局逃げてる例を多々見かける。


じゃ、本当に能力の問題じゃないと言える根拠は何かといえば、
例えば、今やってる事で、以下の流れでやっているだろうか?

1.現状のやりたい事は?(目的設定)
2.どうなったら、成功になるのか?(目標設定)(期限・費用も設定できればより良い)
3.じゃ、具体的な手順は?(手段設定)
4.実際にやってみる(実行)
5.結果は?効果なかったら、なんでそうなったの?(評価/反省)
6.改善すべき課題を決定
(→1に戻る)

属にPlan(1~3), Do(4), Check(5), Action(6)の流れで、一般的にPDCAサイクルとかいう。
で、大体これができてない奴は、何も成功しない。


まず、何をしたいのかを明確にした目的意識が必要。
【現状で何ができてないから、何を解決したいの?】

・・答えられます?
コレができてない人が色々やったところで無駄が多いのは納得できませんか?

例で言えば、・・私は簿記の話をしますが。
【合格するために簿記2級の勉強をする】



で、目的がしっかりしたら、次は目標。
定性的でいいです。定量的ならもっといい。(・・定量的に出ないものも多分あります)

私の例:
【2月23日までに、過去問の演習で平均80点とれるようにする】


で、手段ですが。
私の場合、3級を9~10月とかに始めた人間なので、そんなに基礎がありません。
で、なおかつ、2月末というと、約2か月ちょっとしかありません。
2級は、工業簿記と商業簿記の2つ。で、実際は問題演習も必要です。

・・ってことで、工業簿記と商業簿記の本をそれぞれ一冊購入。

12月末まで → 工業簿記(360ページ, 13章構成)
1月末まで  → 商業簿記(325ページ, 14章構成)
2月中    → 問題演習(未購入)

さらに、いつまでに何章分読めばいいか、ある程度計算。
マイルストーン(途中経過確認日)を設定。私は日曜日に進捗確認(毎日確認する必要はないです)。
で、遅延があれば、一週間の予定を考えて、比重を変えるか、スケジュール変更。

・・と、まぁ。
今適当に考えてみた感じですが、割と現実的だと私は考えています。
私の某知り合いは、2月末に受かったら東大並の頭だと認めてくれるらしいですが・・。(^-^;

こういう風に書いたので、受からなければ反省の弁を書かなければならないですが・・。

ってことで、まずは3級の反省をココで。
目標→70点
評価→失敗(68点/不合格)

理由:
1.進捗が思うように行かなかった事 → 10月~11月の仕事(10月末に終える内容が11/10になった)
2.解答時間が足りなかった     → 実践不足(理解してても時間内に解けなかった)
3.若干ナメてた          → すいませnブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )

対策:
1.マイルストーンの設定、勉強量/予定の把握
2.出題問題に対する調査、電卓を使えるようになる事、過去問を3~5回分解く事を予定にいれる
3.このブログに書いておいて、自身の逃げ道を断っておく


・・ってことで!2級がんばります!
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。