相掛かり中住まい 研究3

2013-05-26a.png

今回は、この局面から。

▲同銀は△同銀▲同桂△62飛で自信持てません。
以下▲71角も△63飛で後続がなさそうです。

というわけで、▲同桂を選択。
それに対して、△64歩 と △62飛を考えます。

まず、前者(△64歩)から。
2013-05-26b.png

▲71角くらいしかありませんが、
以下一直線に、△65歩▲82角成△66歩となります。

2013-05-26c.png

ここで、▲49玉を考えていましたが、(角筋をかわすため)
△55桂▲56銀△67歩成▲同銀△同桂成▲同金△35歩(以下の60手目図)

2013-05-26f.png


玉形の差がひどいので、あまり自信ありません。
個人的には、この変化は指しにくいでしょう。

次に、後者(最初の図から▲同桂△62飛)の局面。

2013-05-26d.png

とりあえず、▲71角打ちます。
で、△63飛(それ以外は、飛車取られるか、▲53角成とされます。)
▲82角成△65銀▲同銀△同飛▲56銀△61飛▲91馬(以下57手目図)

2013-05-26e.png

これが予想の展開ですが。
相手玉が硬いので、あんまり自信が持てません。
次の予想は、△35歩か△54桂でしょうか。


結果、両変化とも正直自信ありません。

ちなみに、本研究では、
2013-05-16a.png

これを見て行っていましたが、
これ以外に△94角のところで、△74歩でも実は自信ありませんでした。(この変化は取り上げませんが)

ということで。元々、▲77桂が危険なんですね。
(っていうか、プロ棋士のO先生にも危険と言われました)

ということで、この局面は危険ということで、少し手順を戻して次回論じようと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

- 鳥 #uhL4lyHo

相掛かりのコツはな、相手にジャブ打つねん。ジャブ打ったら、1回2回3回ラウンドくらいまで効かへんわ。心配せんでも、6ラウンド以降効いてくるねん。

2013.06.17(Mon) 07:52 | URL | EDIT

TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。