アマ名人広島県西部大会(1)

昨日、何か言ったので取りあえず頑張って書きます。

広島のアマ名人の東部大会は、大体3勝通過2敗失格という結構鬼畜な予選。
持時間は30分切負け。

予選は17人が通過して(2人は貧乏くじ)ベスト8まで決めて、一週間後にそれより上が決まります。



では、まずは。

一局目は忘れました。


いや、あの・・・ですね。
まずですね。この昨日の事から話しますね!
忙しい人のために簡潔に書きます。

→SSB氏とか某銀行員とかN野先生が来る。
→ 酒を飲む
→ ある時から記憶がない(詳細は、某ブログにあるとおりらしい)
→ 朝K垣君に電話で起こされる。
→ 胃が変な感じ。頭もフラフラ。単なる二日酔いって説もある。
→ 電車内でふと起きると4駅乗り越し。
→ かなり余裕もって出たのにギリギリ到着

集中できなかったです。とりあえず振り穴に対して銀冠をやって、相手の方が何回かミスをしてくれて全駒モードになった感じでした。

後から反省ばっかりな棋譜だったことは覚えてます。

ってことで、2局目から。
誰かわからない人と。一回戦はK垣君と相穴熊を制しての勝利をしていました。

2012-07-12a.png

とある、横歩取りの個人的な秘策の裏定跡。
多分作戦は成功模様。通常の相横歩取りと比べ、かなり後手が得をしているかと。

しかし、ここから指し手が若干ぬるかったか。

前図より
▲2九歩成△4八銀▲8八歩

2012-07-12b.png

さらに前図より、
▲6五龍△8九歩成▲6三桂△4一玉▲7一桂成△同金▲1一角成△8六桂▲6八金△7九と▲5八玉△7八と▲同金△同桂成▲4六歩

2012-07-12c.png

この辺りから、少しおかしいと感じるようになる。
相手の上部抑えるのが大変すぎる。

38手目の△2九歩成では、△5三桂不成▲同銀△2九歩成▲4八銀上△8五飛の方が正着だったか?
本手順は、スピード感がなさ過ぎた感じ。この手順も銀を自陣に引かせるので、正直微妙だと思った。
ちなみに△3八歩を選択しなかった理由は、△8八歩の方が挟撃形にできて魅力的に見えたんですね。

さて、そんなこんな言っても、どうにかしないといけないわけで。

がんばって上部を閉ざすべき行動に。

前図より、
△6四歩▲5五龍△4四桂▲4五歩△3五桂▲5六歩△6九飛▲5九銀打△6八金▲5七玉△6七金▲4六玉△6六金▲4四歩

2012-07-12d.png

なんというか。私の読みの中では。
△6九飛で勝ちだと思ってたんですね。
5七玉は4九金が取れるし。かといって、5九銀も金も4七の打ち込みがあり寄筋。

なんと5九銀打うっかりしてました。仕方なく6八に金を手放してどんどん引いていくことに。最終的に奴は5五まで旅をすることになります。

この中段玉はかなり寄らないです。。。
この結果は、以下
△3四銀▲2六桂△6五金▲4三歩成△5五金▲同馬△4三金▲3四桂△同金▲4三銀

2012-07-12e.png

と、がんばって龍を取れ、さらに3二金が3四まで行けたため。
4五歩から詰ますことができました。
じっくり丁寧に指されていたら負けていたかもしれません。


3回戦と本戦一回戦逆シード(貧乏くじを引きました(^-^;)は後日に。)


-------------------------------------------------------------
昨日との流れ。主役は誰でしょう?
手数は不明記。昨日は、21手でしたね♪

2012-07-10c.png

-------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。