GW第1ROUND

うちの部員へ。団体・個人戦含め2日間お疲れ様でした。結果としてはアレだったようですが、精一杯の力で戦ったのなら、仕方のない結果だったのではないでしょうか。



というわけで、中四国大会に遊びに行ってきました。目的は、OBや知り合いに会うため、それ以外は特になし。


なぜかというと、私にとって本当に大事なモノとは、以下の2つだったからだ。
・将棋を通しての多くの知り合い。
・部を通した上で努力した事。


私にとって

『結果』、『名誉』、『棋力』

なんて所詮、一時的なモノであり、そのときは大切なのかもしれないが、長い目で見ればそれほど大事なモノだとは思わない。


10年後とかに、昔は強かったんだぞ!・・って言っても多分何か虚しくなるだろう。
たとえ、中四国で個人で一位になったとしても、どれほどの人の記憶に残るのか?
そして、それに何の価値があるのか?


将棋というのは精神面がものすごく影響する。やる気がなければ勝てないし、それを繰り返すとモチベーションは下がり最終的に長くは続かない。

昔から本当に飽きっぽかったこんな私が最終的に続けていられるのも、知り合いの方々のおかげだと思っている。だからこそ、このような事を続けているわけですが・・(^-^;

まぁ、来年・2年後になると知り合いも減るので、今年か来年限りの感じもしますが。






多少過激な発言あるので、見たくないならここで撤退よろしく。






某なな日記に、
------------------------------------------------------------------------
正直勝手がわからなくて僕自身かなりあたふたしていました。
その空気が部員にも伝わってしまったんでしょうかね、
全体的にまとまりのない雰囲気になってしまいました。
その結果今回の団体戦の苦戦につながってしまったんでしょう。
次回は僕ももうちょっと頑張ります><
-------------------------------------------------------------------------

こんなのあるんですけど、これは当人の責任じゃない。最終的な結果は、チーム全員の責任であり、誰が悪いかなんて存在しない考え。そもそも、助け合う事すらできないチームなんて、既にチームとして機能していない。その責任は全体にあるといわざるを得ない。

他人に期待して
  他人を持ち上げて
    最終的に何もしない


こんな感じじゃ、真面目にやってる人のモチベーションが上がるわけないじゃん。
あと、部長とかやったない人は分からないかもしれないけど。

部長やってる側も楽じゃないんだよ?
けど、それでも身を削ってやっているんだよ?

私みたいに、自ら「やる!」って言ってやった人間なら分からないけど。
仮に押し付けた形になったんなら、その状況で部員がついてこない事で感じる責任がどれほど辛いのか理解できないのか。


正直、将棋のやり方については、私は何も言ってない。別に将棋しなくてもいい!とすら言っている。
それは、それ以前の問題だから。まず、チームとしてまともに機能しているとは思い難い現実があるからだ。
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。