しばらく

さすがに卒論で部室に行く時間はなさそうです。
まぁ適度にがんばりますっと♪


新シーズンになるということで・・・研究室から20分で記事書こうと思います。
現在朝5時45分。一体いつ終わるんでしょうか。

今回話すのは、将棋に対する姿勢。まずはっきり言っておこうと思うことを。
あ、でも、そんな偉そうな事は書きません・・ってか、書けませんよ。だって俺そんな人間じゃないもん(^-^;


-------------------------------------------------------------------

将棋を誰よりも常日頃してたら、強くなるか? という話。

前に某H澤があるとき、「結果はなくとも努力は認められるべきっていう、変な人がうちの学部にいるんですけど、変ですよね?」って聞かれたことがある。貴方ならどう思うか?

俺は同意。なぜなら自分の行動を努力を全面に持ち出して話をする人間ほどロクな奴はいないと思うからだ。努力を言い訳にして自分の不甲斐なさを露呈していると思わざるを得ない。結果こそが全ての世界ではこれは当然だと思う。

じゃ、努力云々より、結果を残せって言ってるのか?というわけでは、もちろんない。
自分は才能というものは個々に差があると思っているから、どうしても追いつけない、もしくは勝てない人間は存在する。あまりに才能の差があると努力で賄いきれない人間は存在する。
・・・ここまでネガティブな話になるが。

自分は、だからって負けたくはなかった。まぁ純粋な将棋の才能以外での面で勝てばいいと思ってたし。レベルが低くてもラスボスはクリアできるんだよ!っていう意味不明な気合くらいはあったしね。もちろん、これで勝てたら実際は才能あったのかもしれんけどね、総合力とか・・っていう違う意味で(^-^;

つまり、才能の差で勝てない部分をどうやって勝つか?という話だ。

しかし、ひたすら人の指導法を聞いて実践して「強くなれません」でサジを投げる人間は強くなるわけがないと思ってる。そりゃそうでしょ。純粋に聞いた人との才能の差かもしれないし、自分にその方法があってないとか、聞いた人は無意識にやってる事でも、自分ではそれをしていない。とか理由はいろいろ考えられるはず。そんな理由がいくつもある状態で、いくつかの方法だけで、早く強くなれるなど甘すぎる。

自分が提案するのは、その方法くらい自分で考えろ、と。もちろん人に聞くな!ってことではない。参考にするのは全く持っていいことだと思う。ただし、最終的にそれを行うのはその人自身の決断であり、それを他人のせいや、やり方や才能のせいだけにしている人間は、いかがなもんかと思う。

自分は常にそこは考えてやってきたつもりだ。自分の欠点・強み・やるべきことを考えて、とりあえずやってみて、どうであるか?など。義務だけで、とりあえずやっておかないと・・・だけで動いている人間ほど、こういう事には弱い。そして、行き詰った時に自分ではどうしようもなくなり、投げ出す。そういう人間が努力をしているなどと偉そうに言えるだろうか?

方法的には、自分は何かをしたいと思うなら「分析」「実験」「評価」の繰り返しをやってみろ?ということだ。常に受動的ではなく能動的に動けということ。これができないのなら、なぜできないのかを考えてできるようにすればいい。これを実現しようとするのが「努力」であると自分は考える。

そして、これがあれば、「努力したんですけど・・・」っていう言い訳は通らないはずだ。
だって、努力したのになぜできなかった?じゃあ、どこが悪いのか分析した?分かってたらなんでそれを解決しようとしないの?結果はどうだったの?じゃあ分析なんでしないん?そうやって追求していけば最終的に、自分がやらなかった。ということになる。

なら最初からそれを言えよ。ってことになると思う。まぁそれをきっぱり言える人間じゃ、俺はないんですけど。それは、努力という行為を真剣にやるなら精神的にかなり辛くて、そこは才能の差という面もあるから。だから、強くなろうとしてない人間は残念だけど、俺は何も言えない。

そりゃ、他にやりたいこともあるだろうし、限られた時間の中で自分がやりたいことを冷静に分析するのもさっき言ったように重要だから。

ここまでが「努力」の話。


新メンバーの部内では、様々な考え持った奴がいるだろう。部内のレベルアップ、個人的に強くなりたい、遊びたい、なんでもかまわない。「部活」というのは別に結果を出すためだけのものじゃないんだし。もしかしたら全部作れちゃうすごい方法もあるかもしれない。だったらそれを考えればいいじゃん、もちろんそれが無理かもしれないけどさ。

新体制が整った時には、自分は結構外の人間になるはずですけど、後輩に伝えたいのは、受動的な人間になるな、という事、積極的な人間になれ。もちろんその過程で何か失うかもしれないし、たまたま何か見つけるかもしれない。

失うのは怖いかもしれない。でも失う事を恐れてただ現状維持のまま居ても、少しずつ何かを失っていくことだってあるし、取り戻したり・別の何かを得ればいいじゃん。もちろん簡単じゃないけどさ。別にすぐに行動を起こさなくてもいい。許された時間の中でゆっくり考えればいい。それは将棋も同じだろ?


-----------------------------------------------------------
7時前だった(^-^;
やっぱ、まだ書くの下手だなー。考えてる事がまとまらね・・・。
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。