ずるい

最近になって、職場の先輩が将棋にはまりだした。

興味ありそうだったので、私が将棋ウォーズを勧めたのが、おそらくきっかけ。
「暇潰し」「頑張っても勝てないから面白い」の2点が理由らしい。

2日後には1手詰の本を買って、私に見せてくれた。
・・・私には、もう「本読んで勉強」なんて無理だなぁ。

毎回思う事ではあるけれど、
「過去にちょっとやってたから、試しにやってみようぜ!」

・・・で対戦する人は、大体初心者に近い。
まあ、会話すりゃ大体分かるんだけど。
それは、非常に話が細かいレベルで、かつ中身が基本的にない!
それかざっくりしすぎで分かんない!

例えば。
「角ってあんまり使えないよねー。でも相手に渡すと斜めのラインでさー、王手飛車とかかけられちゃうんだよね!」



1.角は斜めにしかいけませんから!
2.角がなぜ使えないと思うのか理由が全くない。駒は使い方次第でしょ。。。
3.王手飛車なんて気を付けていれば滅多に掛からない。
  そもそも、将棋においてはその他に印象的な事象はいくらでもあります!

例その2.
「矢倉戦法ってさ、すごいの?」



1.プロでも指されているからすごいと思うけど、そんな答え期待してます?
2.矢倉だけ組めば勝てるわけでもないので、どう答えていいものか・・・。
3.矢倉は先手後手・飛車の位置等により、かなり展開が変わりますが?

ツッコミどころ満載\(^o^)/

しかし、会話だけである程度棋力も分かり、どのレベルの話をすればいいかが
おおよそ把握できるので、便利といえば便利なのであるが。



で。その先輩が将棋してるときに、
この局面でどうすればいいかのアドバイスを求められたので、

1.指し方の方針
2.その方針にする理由
3.私だったら、指す手

で簡単に説明。そこで言われた一言。
「将棋してる人ってなんか考え方がずるいよね?」


・・・そうなのかな?
まあ、私はそうかもしれないけど。


まず、私の根本の考え方。
 ・時間のかかる事がイヤ/面倒くせえ/努力何それおいしいの
 ・一位にはならなくてもいいけど、ある程度の実績は欲しい
 ・楽しい事しかやりたくない


ダメ人間ですけど、何か?ブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )


この考えだから、いかに効率的にやるかが重要になる。
そして、自分の中で考えた結果、次の考えで基本行動している。

●方針/目標に沿って行動する
●長所を全面にだし、欠点を目立たせないようにする
●長く続ける事は、ある程度テンプレート化する




●方針/目標に沿って行動する

細かい手順は気にしない。大きな方針や目標だけ事前に決める。
但し注意点として、それが物事の本質に沿っていなければならない。

その実現方法(やり方)は、大抵の場合たくさんあるが、
とりあえず現在の方針/目標に沿っているならどれを使っても問題ない。

私の将棋 → if (攻めて勝てる?) then 攻める else 守る ;
私の麻雀(相手親リーチ時対応) → if (自分満貫以上かつ待2種5枚以上の好形テンパイ) then 勝負 else オリる ;
私の麻雀(トップ時オーラス対応)
→ if (自分が親) then {
if (2位との差が12000点以上) then 基本オリ else 基本勝負 ;
   }else {
if (2位との差が10000点以上) then 基本オリ else 基本勝負 ;
}


(上の書き方の意味が分からない人は、「if文」で調べてね♪)
というふうに、これからやる事をザックリ決めてしまい、それに即した行動をすればよい。
ここまで考えておけば、あとは実現方法だけなので、考える事はかなりシンプルになる。


●長所を全面にだし、欠点を目立たせないようにする

誰しも得意・不得手な分野はある。
そこで、長所を生かして行動する事によって、短所は隠れるようにする。
・・・だって、苦手なモノを潰すのって大変じゃん? ・・できるなら、やりたくもないし。

私の将棋 → 受ける展開が弱いので、自分が主導権をなるべく持ち攻める展開にする。
私の麻雀 → 面前勝負だと格下と差が出にくいので、鳴きを最大限生かしてスピード勝負にする。



●長く続ける事は、ある程度テンプレート/パターン化する

これからも使い続ける見込みがあるなら、その際どうやっていけばよいかを実践を通して積み上げていく。
そして効率的にできる方法を自分なりに作成し使い続ける。

私の将棋 → 基本的に一定の戦法しか指さず、経験から局面をパターン化して方針/目標の見積もりを向上させる。
私の麻雀 → 相手の特性を理解して、自分の中でパターンを確立していく。
 ・ヤミテンしない人 → リーチするまで基本的に張ってない事が多い。
 ・安牌として字牌抱える人 → 手出しの字牌が出るまで基本勝負形ではない事が多い。
 ・全くオリない人 → 勝負形は全部リーチ。相手のリーチには極力行かない(どうせ後で点数取れるから)。
 ・キチンと理牌する人 → 1と9の出る位置で萬・筒・索子の数がある程度想像できる


などなど。

でも、根底にあるのは、「楽したい」って事なんだよね。
これって「ずるい」のかな?ブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )
スポンサーサイト

COMMENT


TRACKBACK

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。