社団戦結果

とりあえず、結果報告。
ちなみに終わったのは一か月前くらいですがブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )

最終戦全勝すれば・・高確率で入替戦っていう所で見事に負けまして、
6位で昇級かけた入替戦(3~5位)に届かず終わりました。
・・・とはいったものの、ライバルチームも負けたりして、
最終的には勝数差1(+前回順位)で届かなかった感じです。
あと戦力が一枚いるとかなり違ってたのだろうなぁ。

ということで。
卒業後、もし関東にいらっしゃる方は、どーぞ私にお声掛けください(^-^)/


ちなみに、大阪からやってきた、秘密兵器のつもりで引っ張ってきた某氏は。
色んなフラグを立ててことごとく遂行していくというある意味
いつも通りの期待を裏切らない結果を出してくれましたw

例:
大会の2週間前くらいに打ち合わせ掲示板にて。
「参加します!最後まで諦めずにがんばりましょう!!」
  ↓
大会当日会場にいない+連絡取れない。


ちなみに今回、私は団体戦全15戦のうち14戦に出場。
11勝3敗という成績だけは結構立派な感じでした。

自分の棋譜ボックスの内容を改めて確認したところ。
・・・終盤弱すぎると改めて実感。

あと簡単な読み抜け多すぎ。
とりあえず、3手先以内の駒タダ取られが4・5件・・・(^^;

戦型:
右玉(対振飛車)(5勝)
右玉(対矢倉(角交換なし))(2勝)
坂田流向飛車(1勝)
横歩取り(1勝)
対筋違い角(1勝)
対角換わり早繰銀(1敗)
相掛かり(対中原流急戦)(1敗)
対四間飛車棒銀(1敗)
+なぜか棋譜ない(^^; (1勝)

という結果。
一番堅かった囲いは、多分船囲いかな?w
平均手数は115手。120手を超えた将棋は4局のみ。

指してて思ったのは。
薄い将棋では、やっぱり格上にはかなり入りにくい。

たとえ格上であっても、大体序中盤である程度のリードは取っている。しかし、差が広がらない。
なおかつ、相手は大体囲いが硬い。こちらが一度でもパンチがはいると大体即死レベルになってしまう。

そう考えるとこの不安定な終盤では、やっぱり怖い。

とはいえ、私が硬く囲ったときの勝率は悲惨なモノがあるのでw
これ以上になるには、やっぱり終盤どうにかしないと・・・。

・・・とはいえど。
しばらく色々製作作業が忙しくなりそうなので、来年春になったらがんばります。
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。