簿記

17日、簿記3級受けてきました。
元々工学部の人間なので、受けるとは思ってもみなかった。

財政状況が分かるというのは結構重要らしい。
なぜなら、企業の血というのは、お金だから。
財政状況から課題を推測できれば、なお良しということ。

とはいえ、元々簿記が何かすらほぼ分からない人間である。
自分の家のホワイトボードには、堂々と薄(うすい)記と書いてあったくらい。

でも、実際に本購入して勉強してみると、簿記のシステムは
実にうまくできている。

で。対策時間が結局足りず、
決算周りがよーわからん状況で無謀にも挑んできたのですが。

最大の敵は電卓だったと思ってる。

小さく軽いからボタン押すと動いちゃうし、ボタン入力が時々怪しいから
目でガン見して間違っていない事を確認しながらやる。
しかも両手で持ち上げつつ電卓使う始末。
効率悪くてしょうがない。


ちなみにその電卓。。。
前日購入96円でしたブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )


で。
70点合格で100点のうち32点ある決算大失敗。
その前の問題も8点だけど、よー分からなかったし。

終わったなー。
部分点いっぱいねーかな。採点ミスして合格しねーかな。

ま、どーせ、他の問題もケアレスミスあるだろうから無理かー。
って思って、本日結果発表で、見ると当然不合格でした。

一応点数確認してみると。

test.png

1-3問目まで満点。
・・が、後半2問は、8/40点という惨敗。

2月再挑戦します。
簿記2級とともに!
スポンサーサイト

突っ込んだら負けなんだけど・・・

時々、あり得ない誤植とかミスを間近で見かける事がある。

例えば、商品を棚から持っていくと、値札が違うモノが掛かってて、
レジで持っていくと、ちょっと高い値段取られるとか。
古い商品が奥にあって、手前に新しい商品があったり。
(店としては、本来古いのを手前に出さなければいけない)

過去には、PCの値段偵察に行ったら、
デスクトップPCで 【メモリ8G、ハードディスク2GB内臓】
って書いてあった。
・・どこにOSいれてんだよ。(多分ハードディスク2TBの間違い)


でも、稀に。
それは間違えなくね!?
・・ってのがある。


例えば、昨日。

久しぶりに秋刀魚を買う。
・・ヒラキとか焼くの面倒臭くないから買ってみる。

10%引きなので良さそうだ。
しかも、他にもあるし。

3匹288円。
2匹192円。



2匹387円


!?


・・どこの秋刀魚だよ!
って見たら。



金目鯛(ヒラキ)って書いてあった。

参考:
DSC_0017.jpg
E38195E38293E381BE.jpg


間違った値札張る方も張る方だが。
値引きで10%書いたやつも気づけよ。

ちなみに、この金目鯛という名の高価な秋刀魚のヒラキ。
唯一売れ残ってしまって、それでも買いたい人は果して買うのだろうか?


(買いそうなケース・・)
よっぽど秋刀魚が食いたい人(しかもヒラキで)。
ちょっとクレーム付けて、どう反応するか試したい。
レジに可愛い子がいて、困らせたいために買うとか。


そんな危篤な奴そうそういねーよ!
・・そんなバカな結論を下して昨日は終わった。



・・いや。確認したけど、
レジには可愛い子は特にいなかったよ?
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。