ダークに将棋を楽しむ(対石田流英春流)

先手石田流といえば、嫌がる人が多い。
だから、居飛車党は2手目は84歩として拒否。

しかし、2手目は34歩で、かつ先手石田に穴熊や銀冠では、
どうも主導権取られて嫌だ!
・・・って人にはお勧めな戦法。

相手が知らなければ50手以内に差をつけちゃう驚きの戦法。


[この戦法の利点]
・主導権を握りやすい
・意外と知られてなく、定跡に頼る人には効果アリ(ちょっと前に本に載ったかもしれない(汗))
・乱戦になりやすい
・攻め側、受け側にスイッチ可

[対象者]
・相手が隙を見せたら飛び掛かる将棋が好き
・相手の動き次第で緩急よく指したい
・薄い将棋でも、先に主導権取るのが好き

[勝ちきりやすさ]
ド嵌り勝勢くらい。

[この変化にならなかったら?]
抑え込む将棋、銀が47なら穴熊にも


この将棋は、結構奥が深いので、今回は表面上かつ急戦の将棋だけを示す。
また、今回は私がよくやる形のみを記す。似た形もあるが、割愛する。

どうなったら優勢なのか、なぜ優勢だと思うのかを書く。



初手より。
76歩   、34歩、75歩 、42玉、
66歩(注1)、62銀、78飛 、64歩、
48玉   、63銀、58金左、32玉、
38玉   、54銀(14手目局面)

(注1)
石田流側がそれでも78飛ならば88角成~45角。
この将棋は、島ノートに詳しい手順あるので、そちら参照。


2013-08-28a.png


すでに相手は分岐点。
簡単にいえば、おいしそうな74歩を突くかどうかだ。
突かなければ自陣整備になる。

そこで74歩を突いた変化を見てみる。

(14手目局面以下)
74歩、同歩、同飛、62飛(18手目局面)

2013-08-28b.png


飛車で64歩を受けるのが肝心。
ここで、相手には、(1)76飛(2)自陣整備(3)78飛、(4)79飛
とかがある。

2013-08-28c.png

(1)の場合、65歩ともう仕掛けてしまう。
以下、同歩には、88角成、同銀、65銀と出る。
36飛は45角で後手やや優勢。

2013-08-28d.png

79飛も33角で、77歩を打たせてしまえば相手の攻めは頓挫したも同然。

2013-08-28e.png

以下は、76歩とか、54銀とか、66歩とかお好きな手順でどうぞ。本筋は66歩ぽい?
76銀とかは、45角があるので不明。
78飛は、めんどくさいので省略。45角とか面白い手があったりする。

(2)の場合、65歩で、ほとんど(1)と変わらない事になる。
基本的に銀出が飛車に当たればなんでもいいのだ。

(3)、(4)もめんどくさいので省略。
基本的に65歩突いちゃえば何とかなるブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )
65同歩、66歩の垂らしとか効いちゃったりする。
それに対して77桂とか嘘くさいのでなんとかなりそう。


で。かなり戻っちゃって、
14手目局面で相手が74歩突かなかった時の話。

(14手目局面以下)
28玉   、62飛 、38銀、65歩、
同歩    、88角成、同銀 、65銀、
77銀(注3)、66歩(以下24手目図)


2013-08-28f.png

一応、66歩が立ったので後手満足としておく。(実際は後手やや指しやすいくらい)
相手の68歩に、王様の囲い合いだったりします。
66歩に相手が何も受けなかったら、45角で優勢。

(注3)では、63歩という手もある。しかし、ここからがこの戦法の面白い所。
92飛と逃げて、52金~54銀と63歩を払ってしまえば歩切れの相手は
手に窮してしまうのだ。

で。
ここまでの手順で、既に5割程度起こる。
さらに、細かい手に対しての対応も書いておこう。

相手に96歩がはいっているとき。

2013-08-28h.png

ここは、一回42銀と上がる。理由は、相手が次に指す手
(74歩、28玉など)がマイナスになり得るからだ。

おまけに、この42銀は、プラスの手であり。
82飛打ち込まれても71金と受ける事ができるようになる。

次のような局面でも(67銀型)となっている形でも、一回42銀は必要な手。
持久戦になったときも活きてくるのが嬉しい。

2013-08-28i.png


先手石田流に対しても、相手を自分のペースに巻き込んでしまいましょう♪
ブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )
スポンサーサイト

社団戦3日目

土日は遊びまくってました。おかげで昨日は、10時間の爆睡・・・

金曜夜~土曜に、某18S崎氏が愛媛より来訪。
まとまった休みが取れるなんて羨ましい・・・(私は夏休み的な何かは1日だw)
と思いながら、16のS原氏と私の兄で昼は四人麻雀、夜は飲み。

めっちゃ楽しかった。今度もやりましょう!
東京周辺に土日に来られる方は是非お声をかけて頂ければ・・・。

で。日曜日は社団戦。
とあるOBさんの好意で参加させて頂いております。
社会人になっても繋がりがあるのは非常にいい事。

がんばって、3戦3勝で個人としては、本日全勝。

一回戦
右玉。相手しゃがみ矢倉。結構な苦手科目。
しかし、序盤角桂交換が確定する大技かまして。
数手後飛車交換しなきゃいけなくなり崩壊して。
右玉(粉砕状態)vs4枚しゃがみ矢倉(31に香付き)という
ド大差を相手のミスで逆転することができました。

日本の株価どころの浮き沈みじゃなかったです。
関数で言えば、f(x)=x * sin(x)ブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )
チームは5-2。

二回戦
棒銀。相手の方もあまり強くなかったので、ボッコボコに。
しかしチームは3-4負け。相手が強かっただけでしょう、仕方ありません。

三回戦
全員均等に出すために一人3局だったので、
ここでお休みいただきました。

四回戦
右玉対しゃがみ矢倉。
今日は厄日なのか!? ここまで嫌いな戦型指されると気持ちが折れそうになる。。
序盤に飛車(自分)と銀桂桂(相手)の3枚替えから飛車相手に打ち込み、左辺攻略。
相手の銀冠との攻め合いが明らかに無理だったので、龍と馬だけで入玉トライしてなんとか成功。
チームは4-3でギリ勝ち。

前回は、戦犯2回やってしまったので、勝ててよかったです。。。
これで個人としては9勝2敗。目標とする先輩の去年成績に3戦であと2勝で目標達成になりました。
チーム成績は、9勝3敗で4位。5位以内はとりあえずキープ(昇級可能性有)

が。
次は(10月末日)、一、二位チーム(と13位チーム)が相手。しかも。
両者とも2つ星の差があるので、両方に勝っても上位2チーム(昇級)にははいれません。。。
次で、うちが勝とうとも私だけではないので、昇給枠はかなり厳しいと思います。

次の大会は、3連勝して、目標とする先輩の勝星超えたいと思います。

ダークに将棋を楽しむ(後手番相横歩)

気が向いたので書いてみた。

今は中四国大会を気にしないでいいので、
自分がよく愛用していた戦法を紹介。

勝負の一番の醍醐味は、格上をぶっ飛ばす事!
有効なハメ手だと思っているものを個人的な観点で集めてみました。
(いつまで続くか分からないけど)
ハメ手順でダークに格上に勝ってみましょう!

今回は、相横歩のマイナー手順。
某裏定跡本に詳細手順が書いてありますので、
興味を持った人は詳細を調べてみてください。


[戦法の利点]
1、昔、相横歩の定跡で(今はどうか分からないけど)無理筋と明記された手順なので飛び込んできやすい
2、横歩取りが好きな人でも、この手順を知っている人は少ない
3、成功すればかなり主導権が取れる

コツは、弱そうに自信なさそうに指すことです(笑)

[対象者]
・横歩取りはなんでも好き
・攻め合いで勝つのが得意
・飛車角持合い、玉そのままでも自信もって指せる人

[勝ちきりやすさ]
・相手嵌り → やや優勢(攻め合って一手勝ちを目指してください)

[この変化にならなかったら?]
・飛車角乱舞しちゃうので、横歩ダメな人は厳しい


というわけで、超簡単な手順紹介。

76歩、34歩、26歩、84歩、
25歩、85歩、78金、32金、
24歩、同歩 、同飛 、86歩、
同歩 、同飛 、34飛、88角不成(謎)、
同銀 、76飛、77銀、74飛、
同飛 、同歩 、46角、73角(下図)

2013-08-21a.png

まずは、ここまでぶっ飛ばしちゃいます。
ここまで行かないと、できません。

ですので。
77銀をせず、77歩、77桂とか?
74飛を先手が取らなかったり?
そもそも横歩にすらならなかったり?
相手が46角じゃなくて、83飛だったり?
はたまた、46角で58玉とか38金と持久戦思考だったり?

成立しません。すいませnブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )


この手順は、やや無理筋とか言われた筋なんですね。
実際、73角以下同角成、同桂、55角、65桂、66銀で
打ち切られている本を見たことがあります。東大将棋だったかな?

2013-08-21a2.png


しかし、7年前とかの羽生対森内の名人戦?だったと思うんですが、
73角以下、同角成、同桂までは出現しています。興味ある方は調べて見てください。


さて。本とか読んで自信持ってる人は、こう思うはずです。
「なにこれ?」
「こいつ定跡知らないのか?」
「これはこの先よくなるはず」


さぁ。エセ定跡野郎を吹っ飛ばしてしまいましょう。

上図以下、95角、58玉(77歩、86歩)、28歩

2013-08-21b.png

同銀、57桂成(77歩、86歩なら不成)

2013-08-21c.png

さて。
王手なので、どうにかするしかありませんが・・・?
同銀は、25飛(角銀取)。

もし、28歩を同銀としたところを11角成、99角成としたとしても。
普通の定跡と比べ、得をしていると思います。比較すると以下のような感じでしょう。

利点:歩を持っている、銀が取られない、玉が少し硬い、桂が捌けている、相手の銀が中途半端
欠点:角が手持ちではない

ってところ。28歩に27飛という人もいました。
これは、いい勝負になります。


しかし・・・同玉で何があるのん??
それには、すかさず69飛


で。相手は当然のように79飛とします。

2013-08-21d.png


現局面は、先手嵌り図です。
華麗に決める手を考えてください♪

参考までに。
(将棋倶楽部24の)四段・五段でも通用しますよ♪

おしまいブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )

職場変更

2か月半のWeb開発を終えて、違う職場に移りました。

嬉しいことに、前の職場での評価は好評だったようだ。
まぁ「新人の仕事じゃなかった。」って言われただけだから
全く逆の意味かもしれませんが・・・。


まぁでも、「新人」からしたらって意味でもある。
一人の社会人として好評価もらうまでは、甘えず努力して
いい意味で出向先を驚かせていきたい。
(そもそも出向先にとっちゃ新人とか知ったこっちゃないしw)



しかし、問題は・・・。


片道通勤時間:40分 → 1時間20分
日毎の交通費:320円 → 760円
起床時間:朝7時 → 朝6時


通勤だけで2県1都渡り歩くという事態になっております。
あと、交通費は、後で立替ですが。一日に760円分は最低限交通費として
持っておかないといけないわけで。機を見てお金おろさないといけない。


次の職場はどうなるかねぇ?(しばらく考える必要ないけど)
これ以上遠くなったら、マジで引っ越し考えないと・・・。
さすがに朝6時より早い時間の起床は考えたくないw


とりあえず、2年目入ってフレックス制度使って遅刻しても「フレックス適用します」って
言えるようになりたいブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )アホカ

勉強

本日、これ以外での超超放置してたブログの記事を処理してきました。
約3年何もしてなかった(^-^;

削除しに行くつもりが、結局記事を隠すだけに。
4年で106件の記事だったんだけど、あまりに懐かしくて。。


大学の1年~4年くらいの間でアホな内容が多かった。
楽しんでたな、今とは違う方向で。
思いついたときに消そう。うん。

これら以外にも、放置してるホムペなら、まだ他に処分すべき場所があったりする。
これも暇を見つけてやらなければ(^-^;

ちなみに、大学1年くらいに作ったホムペは、
プロバイダ解約したときに消えたので処分する必要はなくなった。ブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )
どんだけページ作って放置してんだよって話だね、本当に。。。


あと、OB会どうにかしないと。
処分はしないけど更新っていう意味で。
なんせ、技術的に盛り込むところがなくて困っていたりする。

コンテンツ自体をちゃんとすれば、とりあえず問題ないんだろうけど。
今の所書く内容ないし・・・。コンテンツが増える感じがしない。

そもそも、あのサイト。作っておきながら、今更か!って思われるかもだけど。
【作っている時が一番楽しかった】んだよね。

なぜかっていったら、【作る事が目標だったから】なんだよね、おそらく。
その先、どーするとか、先を見据える行動が全くなかったため、
どのように管理していいか分からなかった。っていうか今も分かんない。
誰か教えてくれブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )


基本的には、OBの交流の情報発信かなぁ?
でもそれにホムペを作る必要はない。最近のGoogleとかが無料提供している奴を使えば、
ファイルの共有もできる。連絡とか、掲示板があれば問題ない。


で、便利なモノを作ろうとすれば、技術的に盛り込まなければいけないので、
金や工数(時間)が掛かる。この辺りで自腹を切れないため、更新に踏み込めない。

そりゃ、やりたいですよ!
ガチガチにセキュリティ固めるためにSSL導入して、自宅にサーバー購入して、
全てのシステムを自作で構成して、PHPとかASP.NETとかでWebアプリケーション作ったり?
データベースとかAWSとか連携させたりして!

それをやる最低限レベルの技術はあったりなかったり。
そこは、今後の勉強次第なんだけど。
まぁ、そこまでやって、結局何やるんだって話ですけど(^-^;


ホムペの処分とか今後の話は一旦置いておいて!


将棋は現在、熱が冷め中。っていうか、
勉強時間に当てているのが、IT関連の勉強に消えるから時間に当ててない。
が、正しい表現。


今は、自分で作りたいもの(Webアプリケーション、スマホアプリ)
が作れるようになれるように頑張ってます。


また、自分は、その技術に関して、人に伝達つまり教える事ができるようにならないと
完全な理解ではないと思っています。この実践のためにも
ちょくちょく技術に関してフィードバックの意味を込めて記載することもあると思います。

今後はコードを明記する事もあるかもしれません。
そうやって努力したノートのようなものが、作れればいいと思ってます。
もし、それが人に役立つ内容なら、尚の事でしょう。

・・・まぁ、それは本格的に取り組むようになってから言えという話ですが(^-^;
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。