団体力

「初心の人、二つの矢を持つ事無かれ。のちの矢を頼みて、初めの矢になおざりの心あり。
毎度、ただ、損失無く、この一矢に定むべしと思へ.」(徒然草)


中四国大会一週間後.

今年の団体は戦力的には強いけど(少なくとも自分が1-3年ときより),広大伝統の団体力の低さ故に今年も団体の苦戦は免れません.いつもの事だけど,チームまとめる人間がいない気がする,毎回思うけど.


特に.

団体戦ってチームの棋力上位者より,中堅以下の人間の頑張りが一番影響する.なぜかっていえば,酷な事を言えば,上位者は勝って当たり前と思われているから.団体戦において上位者ほどプレッシャーを感じるものはない.負けたら責められ逆なら当たり前だと思われる.正直,こんな状態だったら,棋力上位者ってモチベーション上がらない.


逆に中堅が頑張ると,上位者は大体意地があるから中堅が勝って自分が負けて,結果チームが負けるような事は嫌だから頑張りだす.しかも,中堅が一発を入れると対局中でも自分のチームの士気は格段に上がるし,逆に入れられたほうはかなり下がる.

つまり中堅の人間が最初から負けるつもりで指していたりしたら,どうなるか予想がつくだろう.
少なくとも,こいつなら何かしてくれるかもしれないという期待を持たせないと,既に0-1から6人の勝負になる.

もちろん稀に勝つ事もあるかもしれないけど.気持ちで既に負けている人間は,大概少し悪くなったくらいで指し手がどんどん弱気になっていくから,ほぼ勝てないと思う.


でも,だからといって,普段貴方将棋してんの?って思われてる人間が直前で,「頑張って勝ちます!」
なんて薄っぺらい言葉言ってもチームのモチベーションは上がらない.心の中では,いや無理だろう.って思われているかもしれない.

それを考えれば,上位陣が頑張らない限り無理かなと思う昨今.
冒頭に挙げた一文は,まさに本命以外の矢に言ってるわけで.
その矢が的を得るかどうかの結果なんて二の次.とりあえず,そこから考えないとまず現状は厳しい.
スポンサーサイト

升田杯

A級で参加してきました.
広大からは,M尾さん(B級出場),K垣,K保田(A級),H澤・N口・A尾(S級)が参加.



ちなみに,自分は過去にどの大会でもどの級でも優勝経験がありません.
今回は,いままでよりランクを下げて狙いにいきました.

全勝優勝以外はダメという自分に課題を持って勝負にいきましたが,
自分の実力のなさを嘆く結果となりました.

簡単に内容を振り返ると・・・

一局目:中学生の子(0-0)
相手のノーマル三間にこちらの居飛車に.
飛車銀金歩でギリギリ攻めを繋げて勝ち.正直,攻めが切れたら初戦から負けるところでした.


二局目:おじさん(1-0)
右玉を採用.すると,とんでもないところから攻めを敢行される.
明らかに無理筋なので,右玉らしく初期位置の62から18まで王様を全て逃げて勝ち.


三局目:同好会でも良く指している方(2-0)
この前の同好会でも指した人.今まで負けたことが無いので自信を持って指すことに.
どうせ力戦振飛車だろう,と思って指していたら,角道止められて何したらいいかわからなくなる.
右銀が使えないし,王様も薄い.序盤で結構な差がつき,終盤で逆転を目指したけれどさすがに無理だった.
これで負けてしまったので,自力優勝がなくなる.


四局目:某O大のパパ(2-1)
O大掲示板で名前は見たことはあれど,本物を見るのは初めて.
先手石田流に対して,42玉あがったにも関わらず,78飛車と来られたので角とって65角と打つ.
・・数10手後,敗勢になる.ごめんあまりにこの形指してなくて忘れてしまtt(

相手がかなり間違えて超混戦になるも,自分の残り時間は1分,相手は15分以上.
しかし,詰みをうっかりしていたのか残り30秒くらいで勝ちを拾う.


五局目:S大のOB(4-0)
この方も名前は知っていれど指すのは初めて.相手が全勝なので優勝するには勝つしかない.

横歩取りになる.よく分からないうちに勝勢になり,時間も10分あるし,これはさすがにと思っていると
怪しい手を終盤で連発して,超混戦になり不利になり攻めがきれかかり,自分の残りが2分で相手が10分くらいあるのに,
自陣に飛車を投入して受ける展開に.この後ひたすら一秒指しで殴っていたら詰ます事ができて勝ち.


六局目:おじさん(4-1)
アマレーティングだけみれば,今回の対局で当たった人で一番低い人.
序盤に桂取りに角打ったら,なんと受けなかった.そして,明らかに手離しているのに,
「あ,これは違うか」
とかいって,指した駒持ち出したので,さすがに・・
「そ・・それはさすがに待ったでしょう(^^;」

と,いって別に指し換えてもないので,そのまま続行.H澤だったら反則取ってるんかね?w
さすがにタダで桂取れ,馬できて負けるわけもなく,全部相手のめんどう見て全駒ペースにして勝ち.



内容的には,3-3でした.
一応二位にはなりましたが,内容がひどすぎるので,あまり嬉しくもなかったです.
時間の使い方,終盤,序盤と課題が多すぎてしばらく憂鬱でしかなかったです.

一位は,自分の三局目で当たった方でした.
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。