ネタネタ・・

香川大OBとなったH賀さんとのC級団体の将棋は・・・、フルボッコにされました。
内容としては序盤作戦勝ちして、そこから俺らしくボコされました。

まずは個人戦予選。
徳島大のM船君と。2年前の個人戦でも彼と予選一回戦あたって負けて初めて予選落ちを食らうという事がありましたが。なんというか、俺にはそういう因縁の人が多いんですかね、岡山大OBとなったM好君みたいに・・・(^-^;
そう考えたときに、アヒルやればよかったな~とか思って、序盤10手目くらいで失敗したわ・・って呟いちゃいました(^-^;

何指すか決めてない段階で、もうほぼ忘れた棒銀やって棒銀なのに俺の銀と金と飛車が全てほぼ横一線にならんでその1間先に相手の歩がちょこちょこあるという、まさに何をしに前に出て行ったか分からない銀と共に討ち死にしました。あまりの大差に笑うしかなかった。

しかし、2・3回戦は相手のミスに助けられて通過しました。広大主幹でやると予選落ちなんてジンクス作るのも悪くないな~とか意味不明な事考えて指してました(^-^;

さて、予選一回戦、あろうことかK下に当たってしまった。
こいつとH澤だけは戦って『めんどくさい』と思わせられるので、勝っても負けても俺らしく・・・ということでカニカニ銀やりました。この対局に限っては、勝敗より棋譜優先というか。負けたら負けたで俺にはっきり悪い手だけは指さないでこういう手順で潰されたとしておこうとかいう感じで(^-^;
仮に潰してしまったらそれくらいのレベルだったということにしておこうという・・(笑)
chuushi1.jpg
(便宜上先後逆)
そして、今俺が、61銀とかけた所です。ここは既にはっきり悪いですが、寄せにいく手順があるのでこうしたのですが、その先で思わぬミスが。読み筋は、61銀、53金なら・・52銀成で、53歩うって61飛~52角成の筋で最後に55の銀と取れば、ミスってくれれば勝てる!と思ってたんです。
そして実際にそうなったんですよ。

上図より進行手順 : △53金▲52銀成△同金▲53歩△同角(5分考えて)▲61飛△51歩▲52角成△同玉▲63金△61玉▲55歩△72銀▲53金△71玉▲62角△81玉▲63銀(下図)

chuushi2.jpg

しかし、上の手順っておかしくありませんか?
東大将棋や将棋倶楽部24では絶対に進行しない手順が含まれています。ちなみにそこに打ったのは自分でもうっかりです。過去に香川大主幹の大会でも開始二分でカニカニ銀で二歩打ったことがあるのですが・・そのときと全く理由は同じです。

普段そこの筋に歩はいないんでsブフッ∵(´ε(●=(゚▽゚ )

まぁ打っちゃって3秒で気づいて、あーあ。と思って笑ったり噴出すの堪えて、真面目な顔してました。さすがに二間なら気づくだろうな。いやK下なら分からんか・・?とか頭の中で一人で気づかない方にサシウマかけたりしてました。5分考えて気づかないとは思いませんでしたが(笑)
そして、最後の銀打ちはすぐ見えてたので1秒で指そうかと思ったんですけど、すぐ指したら・・・読み筋だと思って警戒されると思って、あわてた振りして残り1秒で適当に指したようにみせてみました。

うわぁ・・・攻めちゃったよ。詰まして勝ちました。さすがに、対局中にも関わらず「お前なぁ・・・」って言っちゃいました^-^;
ってことで1回戦勝ちました。

2回戦・・・
レグスペ(角交換型振飛車穴熊)相手になって、部内で指す人間がもう1年くらいいなかったので6筋を伸ばすしか覚えてなくて、やってたら大変なことになりました。(下図)
chuushi3.jpg

あらら飛車交換うかんねぇ(^-^;)
しかし、相手がミスってくれて2枚換えに成功します。それが下図
chuushi4.jpg
ここで相手は65同銀として、無理に角を殺さなくてもOKで銀まで捌けるとまずこちらは持ちません。
実践は以下 △54桂▲44歩△66桂▲同銀△19龍▲86桂△84香▲79桂!△86香▲同歩△49馬▲87銀!△84桂▲57銀△59角▲69香!(下図)
chuushi5.jpg
超堅いスペシャル銀冠ができて、気づいたらと金攻めだけすればいい優勢に。しかし、この銀冠は最後には俺のミスでギリギリになるんですが^-^;

個人戦2日目 一回戦岡山大のM本遼君。
昨日ゴキゲンに結局なにするか全く決まらず、結局適当に左美濃から銀冠に。(下図:32飛と回ったところ)
chuushi6.jpg
35歩行かれるとまず動けないので仕掛ける。そして仕掛けて行って次の図
chuushi7.jpg
俺からの65歩が敗着。同桂と取ってくれるなら香をとって2枚換えでOKなのだがさすがというべきか。57歩成、同銀、55歩とやられてしびれた。桂跳が受からない、後手からはいつでも仕掛けれるのでこれはさすがにひどかった。同金も自信が持てない。結局ド大差になって終わった。


ちなみに、大会後Y崎君の家に行って祝勝会及び主幹お疲れ会やった。
そのときの酒入り10秒将棋の手直し指し込みの結果
○H田(平手)Y田●
●H田(香落)Y田○
●H田(平手)Y田○
●H田(香落)Y田○
○H田(角落)Y田●
○H田(香落)Y田●
●H田(平手)Y田○
○H田(香落)Y田●
●H田(平手)Y田○
●H田(香落)Y田○
●H田(角落)Y田○
○H田(飛落)Y田●

Y田君強い・・・。
ちなみにK下は・・・M上君に飛車落でフルボッコにされてました(^-^;
スポンサーサイト

中四国大会裏話

まずは中国四国学生将棋大会、本当にお疲れ様でした。
運営に関しては部長の働きのおかげで非常にいい大会運営だったと思います。
とりあえずこれで2年前の償いとなったかな。。とは思います。

さて更新なんて2年前の新入生歓迎会から・・・。後輩に何回も更新してくださいよ~(主に現部長とK下)と言われ続けて、言っても無駄だな。と思われるくらい更新しなかったです。本当ごめんなさい(^-^;そもそも見てる人自体がいるのかよ!?


今回の中四国大会に関してのとても些細な裏話を書いていこうかと思います。そしてそれだけだと何か物足りなさそうなので俺の対局のネタも書こうと思います。まぁ真面目な話は広大の銀河か竜王(だっけ?)とかに任せておきます。

まず今回俺は部員日記にあらかじめ書いてあったようにA級団体戦に出ませんでしたが。
理由をいくつか。。。

1、俺は本来いるべき学年ではないので。
2、将棋に対するブランクが大きく指せる状況ではないと思ったため。
3、運営に徹するため。
4、俺いなくても問題ないだろうと思ったため

この4個。探せばもっとあるかもしれません^-^;
3番目の理由に関しては2年前の反省というか・・・最低一人は運営に徹していないとどうしようもないと思ったからですね。(実際は3人くらいはいないと身体的精神的に辛いですが;)
ちなみに個人戦も最初は出るつもりなかったです。


一日目の団体戦。
優勝しましたね。正直な感想を言うなら、すごい嬉しかったです。卒業されたM木氏の念願でもあったと思いますし。何よりチームの結束が良かったと思います。やっぱ俺みたいな人間が団体メンバーにいない方がいいかもしれませんね(^-^;

俺には、この団体戦に関していえば、2年前あたりから疑問を持っていて負けても全員あっさりしてて『仕方ない』ような感じがすごい嫌で、団体戦に出ても絶対優勝はできないな。と思ってました。一時期は、こんな大学がいくよりかはるかに中四国にとってはるかに有益な大学が全国にいくものだとさえ、思ってたくらいです。それはあの広島大学の王座戦辞退以来ずっと感じてきたことです。

中国四国の団体は明らかに関東・関西の代表大学にはどうしても戦力的には明らかに辛い。そんな大学に、こんな気力で全国を戦うことが他の大学にとってどんなに失礼なものか。俺にはそういう事を、あの十傑戦出場の際、かなり思いしらされた。

だから、俺から思うこととしては、今年の優勝はゴールではなく、スタートとして欲しい。連覇して当然と思われるくらいのチームになって欲しい、今回はまぐれだったと思われないように。関東・関西代表の大学は明らかに強いでしょうが、挑戦者として全国で戦えるチームに。そして、うちだけではなく他の大学もいつでも広大が弱いと思うのなら全力で潰して欲しい。そうして切磋琢磨して中四国全体が盛り上がるのが俺にとって理想かな・・と。

最後に、正直俺が在学してる時にこの文章を書くことになるとは思わなかった。優勝したからこそ、今打ち明けられる胸中をただひたすら書きました。


予想以上に長くなったので、ネタは次の記事に書きます。
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。