中四大会

本当にだるかった。将棋の内容・運営・気力、全てにおいて。

それが第一の感想。春季大会は2年に一度の広島大主幹校の制度。
2年前は当時1年であり、運営にも全くと言うほど
関わってなかった。一応中四大会も既に5回目になるので、準備する物
等は、わかってるつもりだった。

・・・しかし、いざやってみると何を準備するのかあまり浮かんでこない。
それのためもあり、準備が遅れて他大学に迷惑をかけた部分も多くあり、
とても申し訳ないです。そのために今回の反省も踏まえ、
準備等の資料を今後のために残しておきたいと思います。

特にA級団体で優勝された岡山大の方、B級団体で優勝された徳島大の方、
表彰するという重大なことを忘れて申し訳ありません。
大会要項の送付のかなりの遅れ、C級団体の超遅延、飯等の事情。
スタート開始も遅かったし、うちの誰かさんも消えるし・・・。
様々なトラブルは部長である、俺の責任であり謝罪の言葉も浮かびません。



ちなみに、団体個人の結果等は俺個人としては何も言いませんが、
(・・っていうか、何も言えないって感じかな?)

主幹校って大変だなぁ。って思いました。正直対局中は時間気にして
気が気ではなかった感じがします。(案の定団体戦終わったの21時・・)
そもそも中四前は、既に調子が悪く全然手が見えなかった。
これが実力なんだろうな~。
まぁ、おかげで、去年の準中四が0-2の予選落ちだったってことで
色んなネタが飛び交いましたけど。
とりあえず10人くらいには、「あれ?君トーナメントのどこいるの?」
・・と、いわれた気がします。
そのたびに、「今日?個人戦でてないよ?」
と冗談で言いましたけど(^-^;
極めつけは、「祝!予選落ち(笑)」という題名でどっかのあほから
メールまで着ましたし。((o(>_<)o))
でもまぁ、運営するときは運営するだけの方が楽でいいですね。
なんか、言い訳みたいになってますが・・



────────────────────

17手詰。3~7手目あたりの筋が見えれば簡単です。

kyokumen19.gif

スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。